Final 2021年3月31日 記事日高本線 鵜苫駅 廃駅のイメージ画像 History 84年

日高本線 鵜苫駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

北海道苫小牧市と様似郡様似町を結ぶJR北海道日高本線の鵜苫駅(北海道様似郡様似町字鵜苫)が、廃駅の危機を迎えています。同駅は1937年に開業した、島式ホーム1面1線を持つ無人駅。有人駅だった頃の駅舎は改築され、現在は貨車を改造した貨車駅舎になっています。

近くには鵜苫漁港があるため、駅舎には地元中学校の生徒によって海の生物が描かれており、駅全体を明るい雰囲気にしています。駅周辺には、漁港のほか民家や小学校があるものの、同駅での乗車人数は平日で平均2人となっていました。2015年以降の度重なる豪雨や高波による土砂災害の影響により、残念ながら鵡川駅から様似駅までの間は運休となり、代行バスが運行されています。JR北海道は2020年を目処としてこの区間の廃止を検討しており、沿線7町と協議が続いている状態です。海と山に囲まれた自然豊かな土地にある鵜苫駅、廃駅前に訪れてみたいものです。

(2018年11月執筆)

 

鉄道ファンの間で有名な駅舎です。

 

北海道の大自然の中に佇む駅です。

 

この姿を見れるのもわずかな時間かもしれません。

PHOTO:PIXTA

 

追記・・日高線の一部区間のバス転換が正式決定しました。2021年の3月をもって当駅は廃駅となります。(2020年8月)

 

VIDEO : 北海道ファンマガジン 様

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す