Final 2019年3月15日 記事大糸線 ヤナバスキー場前駅 廃駅のイメージ画像 History 34年

大糸線 ヤナバスキー場前駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

長野県大町市平簗場にあるJR大糸線の臨時駅であるヤナバスキー場前駅(長野県大町市大字平22548番地)が、2019年3月16日のダイヤ改正をもって廃駅になります。

ヤナバスキー場前駅は1985年に開業した小さな駅で、12〜3月までのスキーシーズン中に営業される臨時駅でした。スキーシーズンは、真っ白な銀世界の中にポツンと駅舎が浮かぶ姿が趣深く、多くの観光客が雪に包まれた駅名標を撮影していました。1972年に開業しましたが、利用者数が減少したことから2016〜2017シーズンは休業、その後2018〜2019シーズンも閉鎖しました。スキー場の営業が休止していることから、JR側もヤナバスキー場前駅を廃止することに。

また1つ、雪景色に似合う駅が姿を消すことになります。34年の歴史がある駅に、今のうちに足を運んでみてはいかがでしょうか。

 (2019年1月執筆)

 

哀愁の漂う駅舎です。

 

懐かしい思い出をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

長い間お疲れ様でした。

 

PHOTO:PIXTA

 

VIDEO: zukunashi555 様

 

大糸線。美しい鉄路です。永久保存版としてお手元に確保されてはいかがでしょうか。

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す