川口市立川口高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

川口市の全日制高校・川口市立川口高等学校(埼玉県川口市朝日五丁目9番18号)が生徒数減少による統廃合のため2018年3月31日で閉校し、62年の歴史に幕を下ろしました。1956年開校の同校は吹奏楽部の活動が盛んで数々の賞を獲得してきました。ウィーン世界青少年音楽祭日本代表として選出された際には3賞を総なめする快挙を遂げました。その他の部活動も実績があり、活気にあふれていました。新芝川を近くに望み、賑やかな住宅地に建つ同校。国際ビジネス科を設け、英語はもちろんそれ以外の言語の習得にも力を入れ、資格取得や大学進学に注力してきました。現在は、グラウンドが統合後の新しい学校で利用されています。(2019年4月執筆)

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す