板橋区立上板橋第二中学校 閉校/統合

  • 文化・教育施設

板橋区立上板橋第二中学校(東京都板橋区小茂根1-2-1)は、1947年に開校した中学校です。
戦後復興から平成の終わりまでの71年間、地域の人々とともに未来を担う子供達を支えてきました。

同校では主に二つの行事に力を入れていたといいます。その一つ目が運動会でした。教師たちの指導のもと、生徒たちは各自の受け持つ役割をしっかりと責任を持って全うし、一つ一つの競技に打ち込みます。その姿は保護者や来賓、地域の人々など、見る人たちの心を動かす行事でした。二つ目は合唱コンクール。パートリーダーの呼びかけごとに各パートが一生懸命に日々練習に励みます。その異なる音階が一つに重なった時の一体感は、応援してくれる人々に大きな感動のハーモニーを与えたといいます。

地域と一体となって子供達を育んできた同校ですが、区の学校統廃合により2018年3月を以って閉校となってしまいました。現在、同校跡地には新中学校が新しいスタートをきっています。ゆかりのある方は是非同校を訪れて、生まれ変わった思い出の中学校の歴史を、改めて振り返ってみるのも良いかもしれません。

(2019年7月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す