北海道立留辺蘂高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

広大な大自然ののどかな平地に位置する、北海道立留辺蘂高等学校(北海道北見市留辺蘂町旭公園104-5)が、2023年度の生徒募集を停止し、2025年3月末をもって閉校の予定となっています。

1948年に創立した同校は、2000年より総合学科へ転換し、生徒が進学や就職などの希望に沿った進路を実現できるように力を入れている学校です。2015年には「つながり」を意識した教育を行う学校に与えられる「ESD大賞高等学校賞」を受賞。少人数の学校だったことから生徒一人ひとりへ指導へきめ細かい指導を行うことができ、生徒とたちは充実した学校生活を送っていたようです。しかし、学校配置や規模の適正化を図るため、今後閉校が予定されていることから77年間の伝統ある歴史に幕を閉じようとしています。もし同校にゆかりのある方は、閉校前に一度訪れてみてはいかがでしょうか。

(2020年6月執筆)

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事