大月短期大学附属高等学校 閉校

  • 文化・教育施設

大月短期大学附属高等学校(山梨県大月市御太刀1丁目16-2)は、市立大月大学内に1956年2月14日に開設された高校です。同年の4月14日に開校式が行われています。

同校は「大月高校」や「月高」と呼ばれて親しまれてきた学校で、開校当時は普通科・商業科が設置されていました。その後一時期普通科が廃止された時期もありましたが、1992年には普通科2学級が復活し、商業科4学級と併設されていました。

同校は留学生の受け入れなども行っていたことも特徴。1995年にはオーストラリアハービーベイ市に親善交流生を派遣するなど、独自の活動を行ってきましたが、残念ながら2014年3月31日をもって閉校となり、58年の歴史に幕を下ろしています。同校にゆかりのある方は、ぜひもう一度なつかしの校舎を訪れてみてはいかがでしょうか。

(2020年7月執筆)

 

映画『ソロモンの偽証』。当校舎がロケ地になっております。永遠の記憶と記録のために購入されておいてはいかがでしょうか。

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事