Final 2021年3月頃か 記事紀勢本線105系 引退かのイメージ画像 History 約40年

紀勢本線105系 引退か

  • 乗り物

2021年3月末までに、紀勢本線の和歌山県内区間に残っていた105系が引退する可能性が著しく高まっております。

本年8月27日、JR西日本は紀勢本線の2021年春の新車両導入を発表。紀勢本線を走る105系との車両入替がほぼ確実な状況です。昨年9月末には和歌山線の105系が引退。最新車両の227系に置き換えられました。この流れと同じく今度は紀勢本線の車両入替になりそうです。これで近畿圏を走る旧国鉄時代から続く105系は地域から姿を消すことになりそうです。2020年8月時点で他社への譲渡等の情報はなくこのまま廃車になる可能性もあります。

「紀伊半島の海岸沿いの紀勢本線はとても美しい線路です。ここを軽やかに走る105系は地域の大切な景色でした。いままではあたり前ではありましたが、こうして引退が近いと聞くととても寂しい気持ちです。残りわずかな時間ですが可能な限り数多く乗車したいと思います。」地域に住む男性の言葉です。

(2020年9月執筆)

 

古きよき日本の駅舎にとてもよく似合う車両でした。

 

古き良き日本をイメージさせる旧国鉄時代からの車両です。

 

長きに渡り本当にお疲れ様でした。

PHOTO:PIXTA

 

紀伊半島の海岸沿いを疾走する紀勢本線。鉄道ファンならずとも心打たれる景色です。

この機に永久保存版としてお手元に確保されてはいかがでしょうか?

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事