Final 1986年3月31日 記事身延町立大須成小学校 閉校のイメージ画像 History 112年

身延町立大須成小学校 閉校

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

1986年3月末をもって、身延町立大須成小学校(山梨県南巨摩郡身延町久成5005)が閉校しました。

1874年に切石学校の分校として創立。ここが当校の起源となります。その後、大須成尋常小学校への名称変更(1920年)、久成区への新校舎が建設(1922年)、新校舎の建設(1958年)などの歴史を繋ぎます。山間の美しい緑に囲まれた自然豊かな学び舎でしたが残念ながら1986年に112年の歴史の幕を下ろしました。1958年に新築された校舎や校庭は当時のまま残り、有効に活用されているようです。

長年に渡りこの地区を見守り続けてきた大須成小学校。美しい木造校舎はその姿をとどめており、種々の活動拠点としているようです。ゆかりのある方もそうでない方もこの地に一度足を運んでみてはいかがでしょうか。かつて響き渡っていたであろう子供達の歓声が聞こえてくるかもしれません。

(2020年11月執筆)

 

 

美しい木造校舎は健在です。

PHOTO: 棚町宜弘 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す