遠軽町立瀬戸瀬小学校 閉校

  • 文化・教育施設

遠軽町立瀬戸瀬小学校(北海道紋別郡遠軽町瀬戸瀬東町125)は、明治時代の1909年に地域の人々が土地を寄贈するなどして遠軽尋常小学校瀬戸瀬特別教授場として創立された小学校です。その後幾度かの改称を経て、1947年に現在の名称となりました。

同校では、全校児童でさまざまなことに取り組んできましたが、その中の一つが「瀬戸瀬っ子太鼓」。一丸となって取り組み、多くのイベントなどで披露されてきました。

残念ながら2021年3月末をもって閉校し、111年もの長い歴史に幕を下ろしました。閉校式の折には、全校児童による瀬戸瀬っ子太鼓が披露されたとのこと。同校にゆかりのある方は、ぜひもう一度この場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年4月執筆)

 

VIDEO : FinalAccess ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す