Final 1974年3月31日 記事栗沢町立茂世丑小学校 閉校のイメージ画像 History 75年

栗沢町立茂世丑小学校 閉校

  • 文化・教育施設

栗沢町立茂世丑小学校(北海道岩見沢市栗沢町茂世丑309-1)は、かつて北海道にあった小学校です。同校が開校したのは明治時代である1899年5月5日のこととされています。茂世丑小学校があった栗沢町は、かつて炭鉱を主要の産業としていた地域。当校には炭鉱業に従事する親御様の子供達が数多く通っていたそうです。炭鉱業の衰退という環境対応を図り、地域では稲作や畑作への産業転換を行っているようです。

地域に愛され子供達を長年に渡り守り続けた学び舎ですが、残念ながら1974年3月31日に閉校し、堂々たる 75年の歴史に幕を下ろしています。校舎は閉校後に解体されているものの体育館は現存しており、公民館とともに活用されています。ご興味のある方は一度この場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。きっと北の大地の学び舎の美しい営みを感じとることができることでしょう。

(2021年6月執筆)

 

栗沢町立茂世丑小学校

かつては子供たちの賑やかな声が響いていたことでしょう。

 

栗沢町立茂世丑小学校

学び舎を守り抜いた地域の先人たちの功績を忘れないようにしたいものです。

PHOTO:CRENTEAR

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す