Final 1997年3月31日 記事砂原町立沼尻小学校 閉校のイメージ画像 History 80年

砂原町立沼尻小学校 閉校

  • 文化・教育施設
  • 建物・施設
  • その他

砂原町立沼尻小学校(北海道茅部郡森町砂原東3丁目 )の源流は1917年までさかのぼります。その後、市町村合併、校名変更等の歴史をつなぎます。そして多くの生徒の巣立ちを見送った80年間の歴史の閉幕は1997年3月末。強く惜しまれての閉校でした。

沼尻集落の国道沿いの住宅の裏手に小さな公園があります。そこに古い門柱が建っていますが、この門柱こそかつてここが学び舎であったことを示します。

ご興味のある方はぜひこの地に足を運んでみてはいかがでしょうか。北の大地の小さな学び舎の確かな歴史を感じとれるかもしれません。。

(2021年6月執筆)

 

森町立沼尻小学校

かつての校庭です。子供たちの賑やかな声が響いていたことでしょう。

 

森町立沼尻小学校

確かにここに学び舎が存在した。その証です。

 

森町立沼尻小学校

地域の学び舎を守り抜いた先人達の強い想いを引き継ぎたいものです。

PHOTO:poteto089aaa

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す