記事旧陸軍佐世保要塞小首堡塁跡のイメージ画像

旧陸軍佐世保要塞小首堡塁跡

  • その他

旧陸軍佐世保要塞小首堡塁跡は、佐世保港の北側、小首岬にある明治時代の砲台跡です。佐世保軍港を防備するために築かれた佐世保要塞の一部であり、日清戦争の戦利砲である24cmカノン砲を備えた砲戦砲台として重要な役割を果たしました。

1900年に築造され、1904年の日露戦争勃発時に戦闘配置に就きます。しかし実践を経験することなく1945年に太平洋戦争の終戦を迎えます。その歴史的な価値が認められており、2003年に国の史跡に指定されました。

レンガ造りの砲台跡や地下坑道、砲弾庫など国土防衛の緊張感が伝わる施設が歴史を今に伝えます。ご興味のある方は一度現地に足を運んでみてはいかがでしょうか。美しい佐世保湾の眺望からも大切な何かを感じ取れるはずです。

(2024年2月執筆)

多くの人がこの門の間を通りぬけたことでしょう。

 

当時の緊張感を今に伝える貴重な史跡です。

PHOTO:写真AC

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す