記事下田市魚市場 解体/取壊のイメージ画像

下田市魚市場 解体/取壊

  • 商業施設
  • 建物・施設

1971年に建設されてから47年が経つ「下田市魚市場」(静岡県下田市外ケ岡11)。下田市魚市場は年間約20億円の取扱高があり、キンメダイの水揚げ量は日本一を誇ります。老朽化が著しく、耐震性の面からも伊豆漁協は建て替えを決定しました。

2021年度に改築を開始し、温泉施設を設け、テナント誘致を含め、直売所、加工所、飲食店を増やす計画です。建て替え中も市場としての運営は継続させるため、工期を分けたり、仮の市場を別の場所に設置したりする案もあります。道の駅「開国下田みなと」に隣接した現在の場所のまま。伊豆縦貫道の下田インターチェンジ(仮称)からも近いという地の利を活かし、下田ならではの海の幸を活かします。下田港周辺の観光拠点としても期待されています。

(2018年3月執筆)

PHOTO:PIXTA

 

VIDEO : 下田市観光協会 様

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す