Final 2020年5月6日 記事札沼線 札比内駅 廃駅のイメージ画像 History 85年

札沼線 札比内駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

北海道樺戸郡月形町にある札比内駅(北海道樺戸郡月形町字札比内)が廃駅になる予定です。同駅は1935年、札幌市中央区の桑園駅と樺戸郡新十津川町の新十津川駅を結ぶ札沼線に開業した、単式ホーム1面1線の無人駅です。

ホーム横には開業当初からの木造の駅舎が残っており、そのレトロな駅舎を見るために鉄道ファンが訪れることもあるようです。また、切符は駅の向かいにある薬局で購入するという珍しい駅。周辺には警察署、郵便局、小学校などがありますが、年々利用者は減っていきました。

JR北海道札沼線の北海道医療大学駅から新十津川駅までの区間は、利用者の減少に伴い、2016年から廃止検討の協議が続けられ、2018年10月に沿線4町が廃止を受け入れました。時期は未定であるものの、残念ながらこの区間にある同駅は廃駅となります。駅が現在の姿を残しているうちに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2018年11月執筆)

 

追記:JR北海道札沼線(医療大学~新十津川駅区間)の廃線年月日は2020年5月7日に正式決定しました。

 

駅舎と札沼線車両が重なるシャッターチャンスです。

 

付近は住宅街のようです。

 

あと少しの時間よろしくお願いいたします。

 

PHOTO:PIXTA

 

VIDEO : 北海道ファンマガジン

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す