気仙沼線 最知駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

最知駅(宮城県気仙沼市最知川原)は1967年に開業した、JR東日本気仙沼線の駅です。海岸にとても近い場所に位置していました。ホームは1面1線のこぢんまりとした印象の駅で、利用しているのはほとんどが地元の高校生だったとのこと。駅舎はない無人駅で、ホームに待合室が設置されていました。

海岸まで、およそ80mだった最知駅は、東日本大震災の際に甚大な被害を受けました。さらに2020年3月31日には、気仙沼線の一部区間において鉄道事業が終了されることが発表されており、最知駅も鉄道駅としての役割を終了し、53年の歴史に幕を下ろす予定となっています。

鉄道駅としての最知駅はもうありませんが、ゆかりのある人はもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。きっと最知駅があった頃の懐かしい思い出がよみがえってくることでしょう。

(2020年2月執筆)

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事