Final 2021年3月頃か 記事宗谷本線 豊清水駅 廃駅かのイメージ画像 History 75年

宗谷本線 豊清水駅 廃駅か

  • 乗り物
  • 建物・施設

JR北海道_宗谷本線の豊清水駅(北海道中川郡美深町字清水)が廃駅となる可能性が高まっています。2020年3月末に宗谷本線活性化推進協議会が、2021年春の当駅の廃止を容認したようです。

1946年に運輸省宗谷本線の豊清水仮乗降場として開設、ここが当駅の歴史の始まりです。そのあと1949年の日本国有鉄道への移管、1950年の駅への昇格、1987年の国鉄分割民営化などを経て、現在に至るまで歴史を繋いできました。近くのペペケナイ川を指すアイヌ語が「清水」に相当し、より豊かになってほしいという思いを込めて「豊清水」という名称になったとのことです。

島式ホーム1面2線のホームを持つ地上駅。美深駅と音威子府駅の間で唯一、列車交換が可能です。基本的には無人駅ですが冬には保線要員が線路西側に駅舎常駐するようです。

小高い丘に立地し、眼下には牧草畑が広がります。鬼刺山の絶景に抱かれ、駅としての機能をしっかりと有する豊清水駅。コアなファンが日本全国に存在するようです。75年の堂々たる歴史の閉幕が近づいております。ゆかりのある方もそうでない方も一度現地を訪問されてはいかがでしょうか?

(2020年4月執筆)

 

北の大地の見事な景色が広がります。

 

なじみのある駅看板ともお別れの時が迫っております。

 

長きに渡り本当にお疲れ様でした。

PHOTO:CRENTEAR

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事