Final 2017年7月4日 記事日田彦山線 大鶴駅 休止(鉄道駅として廃駅)のイメージ画像 History 80年

日田彦山線 大鶴駅 休止(鉄道駅として廃駅)

  • 乗り物
  • 建物・施設

JR九州日田彦山線の大鶴駅(大分県日田市大肥本町)は、1937年に彦山線夜明駅から宝珠山駅間の開通に伴って開業した駅。現在、同駅の廃駅が検討されています。

大鶴駅は、開業後の1984年に無人駅となり、1987年に民営化。その後2010年に新駅舎へ建て替えられましたが、2017年の九州北部豪雨の影響によって現在は休止している状態です。かつては木材や炭坑などの輸送で栄えた駅でしたが、このまま廃止となれば81年の長い歴史に終止符が打たれます。

廃駅になる前に、同駅にゆかりのある方は、ぜひもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2020年6月執筆)

 

比較的新しい駅舎のようです。沢山の思い出が詰まっていることでしょう。

 

温かみのある駅看板です。

 

長きに渡り地域の大切な場所でした。本当にありがとうございます。

 

PHOTO:KAZE

 

追記・・日田彦山線の添田駅―夜明駅間の部分廃線が確定し、バス高速輸送システム(BRT)による復旧が正式決定しました。この決定に伴い鉄道駅としての当駅の歴史の幕は下ろされることになります。(2021年4月執筆)

 

新駅舎建設前に存在した大鶴木造駅舎の映像です。

VIDEO : MovieStock 様

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す