Final 2021年11月28日 記事武生中央公園 観覧車 解体/取壊のイメージ画像 History 43年

武生中央公園 観覧車 解体/取壊

  • 娯楽施設
  • 建物・施設

武生中央公園(福井県越前市高瀬2丁目7)の観覧車が43年間に渡った役割を終えます。そして地域の人々に笑顔を届けてくれたこの施設は解体され取り壊されます。

この地に観覧車が誕生したのは1978年のこと。地域の人気イベント「たけふ菊人形」の目玉施設として設置され、以降、菊人形の会場を示すランドマークとして長きに渡り活躍してきました。6人乗りのゴンドラ16基を擁し、8分ほどで一周します。「小さい頃に遠足で訪れたり、家族ができて子供を乗せたりしていました。大切な思い出が沢山詰まっている観覧車なんです。昔はこの公園には小さなジェットコースターやゲームセンターなどいろいろとあったのですが、いよいよこの観覧車も最後だと思うととても寂しいです。安全性が問われる設備ですし、きっと引退の時期なのだと思います。いままでありがとうとお伝えしたいです。」福井県在住の4人家族のお父さんの言葉です。

多くの人に温かい思い出を与えてくれた福井県で唯一の観覧車です。ゆかりのある方は一度現地に足を運んでみてはいかがでしょうか?きっと在りし日の大切な記憶が蘇るはずです。

(2021年11月執筆)

PHOTO:PIXTA

 

VIDEO : 福井県PR動画 かいぼーチャンネル 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す