Final 2016年12月5日 記事留萌線 阿分駅 廃駅のイメージ画像 History 53年

留萌線 阿分駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

 JR北海道留萌線の阿分駅(北海道増毛郡増毛町大字阿分村)が53年の歴史に幕を下ろしました。

北海道の増毛町にある阿分駅(あふんえき)は、1963年に日本国有鉄道留萌本線の阿分仮乗降場として開業されました。1987年にJR北海道になったのと同時に駅として昇格。旅客のみを取り扱っていたそうです。阿分という地名は、アイヌ語で「アフンイ(アフニ)」。さまざまな仮説がありますが、その1つに「入り込みたる」という言葉から由来されたといいます。

非常に短い板張りのホームが特徴の阿分駅。その目の前に2015年に廃校になった阿分小学校がありました。人々で活気ある当時は、子どもたちの登校姿が列車の窓から見えたことでしょう。2016年、留萌駅-増毛駅の廃止に伴い廃駅となりましたが、利用してきた人々の記憶の中に永遠に刻まれていることでしょう。

(2018年8月執筆)

 

シンプルなプラットフォームです。

 

この駅看板はどうなってしまうのでしょうか。

 

長い間お疲れ様でした。

 

PHOTO:PIXTA

 

VIDEO : local-liner 様

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す