Final 2016年12月4日 記事留萌線 舎熊駅 廃駅のイメージ画像 History 95年

留萌線 舎熊駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

 JR北海道の留萌線 舎熊駅( 北海道増毛郡増毛町舎熊)が 95年の歴史に幕を下ろしました。

舎熊駅(しゃぐまえき)は、北海道増毛町舎熊にあったJR北海道留萌本線の駅。1921年に留萌駅から増毛駅の開通にあたり、一般駅として誕生しました。舎熊駅は、国道をはさんだ向かい側に海岸があります。利用客は、壮大な海を眺めながら列車がくるのを待っていたことでしょう。

1984年には無人駅となり、時代の流れとともに利用客も減少。2016年12月に留萌駅-増毛駅間の廃止に伴い廃駅となりました。駅舎は撤去され更地となってしまいましたが、かつてホーム上に設置されていた電灯設備は残存しているそうです。アイヌ語で「イ・サッケ・クマ」という、魚を干す竿を意味していた言葉がなまり「サックマ」という由来からきた舎熊。どこか親しみを感じられる駅名ですね。

(2018年8月執筆)

 

ホームのすぐそばが荒れた野原。とても美しい景色です。

 

厳しい環境に耐えた看板です。長い間本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:PIXTA

 

VIDEO : 『無慈悲な真実の風景』 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す