Final 2020年5月6日 記事札沼線 豊ヶ岡駅 廃駅のイメージ画像 History 60年

札沼線 豊ヶ岡駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

北海道樺戸郡月形町にある豊ヶ岡駅(北海道樺戸郡月形町字豊ヶ丘)が廃駅になる予定です。

同駅は1960年、札沼線に開業。単式ホーム1面1線構造の無人駅で、地域住民の請願によって開業した駅です。山小屋のような小さな待合室があり、中にはテーブルや椅子、除雪道具などが置かれており、住民に大切にされてきたことがうかがえます。国道から脇道を通ってたどり着く、林に囲まれた同駅は鉄道ファンの間では「秘境駅中の秘境駅」と言われています。現在は周辺に民家はなく、利用者はほとんどありません。

JR北海道札沼線の北海道医療大学駅から新十津川駅までの区間は、利用者の減少に伴い2016年から廃止が検討され、2018年10月に沿線4町が廃止を受け入れました。残念ながらこの区間にある同駅は廃駅になる予定です。廃駅前にこの秘境駅を訪れてみてはいかがでしょうか。

(2018年11月執筆)

 

小さくて可愛らしい駅舎です。

 

この駅看板の姿も終わりが近づいています。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:CRENTEAR

 

 

VIDEO: 北海道ファンマガジン 様

 

 

豊ヶ岡駅の待合室の画像もあります。次のページへどうぞ。

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す