Final 2019年3月15日 記事根室本線 直別駅 廃駅のイメージ画像 History 112年

根室本線 直別駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

JR北海道根室本線で、ローカルな雰囲気の駅がまた一つ役目を終えます。直別駅(北海道釧路市音別町直別)は、1907年に開業した歴史の古い駅で、1992年に無人化され現在に至っています。

駅舎は小さな木造の建物ですが、駅の構内は広く、ホーム2面と線路2線を有する構造になっています。そのため上下線の列車がこの駅ですれ違うことができました。駅の近くに民家数軒による集落が形成されているほかは、国道と草原が続くのみの沿線風景です。しかし駅を維持するにはあまりにも乗降客数が少なく、JR北海道より利用者が極めて少ない駅に指定。2019年3月16日のダイヤ改正で尺別駅、初田牛駅とともに廃止となることが決定し、112年間の歴史に幕を下ろすことになりました。

この駅の姿を見られるのはあとわずかですので、列車で同駅を通る際には気にかけてみてはいかがでしょうか。

(2019年1月執筆)

 

寂寥の大地に佇む駅舎には温かみがあります。

 

線路にかかる歩道橋には歴史の重みを感じさせられます。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す