Final 2021年3月頃か 記事宗谷本線 北星駅 廃駅かのイメージ画像 History 62年

宗谷本線 北星駅 廃駅か

  • 乗り物
  • 建物・施設

JR北海道_宗谷本線の北星駅(北海道名寄市智恵文北星)が廃駅となる可能性が高まっています。2020年3月末に宗谷本線活性化推進協議会が、2021年春の当駅の廃止を容認したようです。

1959年に国鉄宗谷本線の旅客駅として開設。ここが当駅の歴史の始まりです。そのあと1987年の国鉄分割民営化などを経て、現在に至るまで歴史を繋いできました。

この地には「北山」と呼ばれる集落があったようです。この「北」の字と満点の夜空に浮かぶ「星」を合わせ、「北星」の名前が付けられたようです。単式ホーム1面1線の分岐器を持たない無人の棒線駅。開業時からの無人駅で、すこし離れた場所に佇む待合所は鉄道ファンの間で有名。「毛織の北紡」と記載された年代物の赤い看板には独特の存在感があります。

まさに秘境駅の雰囲気を持つ北星駅。62年の堂々たる歴史の閉幕が近づいております。ゆかりのある方もそうでない方も一度現地を訪問されてはいかがでしょうか?きっと歴史の重みを感じ取れることでしょう。

(2020年5月執筆)

 

「毛織の北紡」の文字が光る、独特の待合小屋です。

 

可愛らしいプラットフォームです。1両のキハと実にお似合いですね。

 

長きに渡り本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:PIXTA

 

永久保存版の書籍になりそうです。

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事