Final 2021年3月12日 記事宗谷本線 下士別駅 廃駅のイメージ画像 History 65年

宗谷本線 下士別駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

JR北海道_宗谷本線の下士別駅(北海道士別市下士別町)が廃駅となる可能性が高まっています。2020年3月末に宗谷本線活性化推進協議会が、2021年春の当駅の廃止を容認したようです。

1955年に日本国有鉄道_宗谷本線(士別駅 – 多寄駅間)に下士別仮乗降場として開設。ここが当駅の起源となります。後の1959年の旅客駅への昇格(下士別駅)、1987年の国鉄分割民営化などを経て、現在に至るまで歴史を繋いできました。

「士別」からみて、天塩川の下流に位置することをその駅名の由来とします。単式ホーム1面1線の無人駅かつ分岐器を持たない棒線駅。ホームから少し離れた場所に小さな待合所を有します。まるで自宅に戻ってきたかのようなアットホーム感のある待合所。プラットフォームも木製ではなくコンクリート製のしっかりとした作り。周辺の他の駅とは少し異なる趣きです。この駅を愛する鉄道ファンは少なくないようです。

周辺は人口減少が進んでいるようですが、大きな道路や民家も存在し、一定の賑わいがあります。小さいながらも地域にとって大切な駅のようです。65年の堂々たる歴史の閉幕が近づいております。ゆかりのある方もそうでない方も一度現地を訪問されてはいかがでしょうか?

(2020年5月執筆)

 

アットホームなこの駅舎には沢山のファンが存在するとのことです。

 

あたり前であった駅名標。この景色に残された時間は長くありません。

 

長きに渡り本当にお疲れ様でした。

PHOTO:CRENTEAR

 

追記・・JR北海道は当駅の廃駅を正式に発表しました。2021年春のダイヤ改正をもって当駅は廃止されます。(2020年12月)

 

VIDEO : Rail工房天都 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事