Final 2020年9月6日 記事ひめじ手柄山遊園 閉園のイメージ画像 History 46年

ひめじ手柄山遊園 閉園

  • 乗り物
  • 娯楽施設
  • 商業施設
  • 建物・施設

ひめじ手柄山遊園(兵庫県姫路市西延末)が2020年9月6日をもって閉園しました。地域住民によりそい子供たちをやさしく包み込んだ庶民的な遊園地の閉鎖はとても寂しいニュースとして受け止められました。

同園の歴史は古く、開園は1974年。それに先立ち開催された1966年の姫路大博覧会の会場を有効活用したものでした。開園時にはプールやジェットコースター、観覧車などが設置。その後、市民プールなども整備され、特に夏休みに子供達があふれる光景は地域の名物ともいえる景色でした。しかし近年は少子化の影響や人気設備の撤去などを起因として、来園者数の減少が進んでいました。施設の老朽化も進んでいたことからついに閉園に至ってしまいました。

「この公園には本当にお世話になりました。小さい頃の思い出は数知れず。子供ができてからは毎週のように足を運んでいました。思い出も消えてしまうようで、とても寂しいです。長年に渡り本当にお疲れ様でした。」現在も近所に在住する30歳代の女性の声です。

(2020年9月執筆)

PHOTO:PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事