Final 2020年11月29日 記事信州塩尻農業公園 チロルの森 閉園のイメージ画像 History 21年

信州塩尻農業公園 チロルの森 閉園

  • 娯楽施設
  • 商業施設
  • その他

信州塩尻農業公園チロルの森(長野県塩尻市大字北小野相吉5050)が2020年11月29日をもって閉園します。地域住民によりそう子供たちに人気の遊園地の閉鎖はとても寂しいニュースとして受け止められているようです。

同園の開園は1999年。オーストリア・チロル地方をモチーフとした、体験型の総合テーマパークです。ラベンダー畑や美しい林に囲まれ、乗馬や動物とのふれあいなどを楽しめる施設です。キャラクターショーや音楽祭も人気。緑があふれ綺麗な空気に包まれた施設は小さな子供達にも人気でした。また地元企業と商品を共同開発するなど地域の経済にも大きく貢献してくれました。

「この公園には本当にお世話になりました。小さい子供が安心して遊べるのでお気に入りの場所でした。自然に恵まれているだけではなく適度に体験型のアトラクションもあるので子供達が飽きないのです。もう大きくなった子供達との思い出は数知れず。思い出も消えてしまうようで、とても寂しいです。でも長年に渡り本当にお疲れ様でした。」長野県内在住の40歳代の女性の声です。

(2020年9月執筆)

 

美しい緑に囲まれた清潔感のある園です。

 

沢山の思い出を本当にありがとうございました。

PHOTO:PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事