Final 1988年3月31日 記事摩周丸 運行終了 のイメージ画像 History 40年

摩周丸 運行終了 

  • 乗り物

摩周丸は、かつてかつて青森と函館を結んでいた青函連絡船です。この摩周丸の名前を持つ連絡線は2隻あり、初代摩周丸は1948年8月27日に就航したのがその歴史の始まりです。初代摩周丸は1964年10月26日にその歴史を終えています。

2代目の摩周丸は、1965年に建造されたもの。高速自動化船として知られる津軽丸型連絡線の5代目の船として、青森・函館間を3時間50分で結んできましたが、1988年3月31日に運行を終了し、その後は実際の乗り場として使用されていた旧函館第二岸壁(北海道函館市若松町12番地先)に係留・保存されています。

初代摩周丸から数えると40年もの間多くの人や貨物を運んできた摩周丸。今でも内部を見学できますので、摩周丸に乗船したことがある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2020年9月執筆)

 

長きに渡り本当にお疲れ様でした。

PHOTO:takahumikawasaki

 

青函連絡船には悲しい歴史があります。青函トンネルの工事に執念を燃やす国鉄技師らの物物語を描いた映画です。

 

昭和のスター俳優、高倉健氏の名演技を楽しまれてはいかがでしょうか?

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事