Final 2020年12月31日 記事安曇野アートヒルズミュージアム 閉館のイメージ画像 History 29年

安曇野アートヒルズミュージアム 閉館

  • 娯楽施設
  • 文化・教育施設
  • 建物・施設

安曇野アートヒルズミュージアム(長野県安曇野市穂高有明8161−1)が2020年12月31日をもって閉館するようです。

「ガラスの丘・アートヒルズ」として1991年に開館したガラスをテーマにした美術館です。開館当初は日本国内最大級のガラスミュージアムであり、年間来場者数が120万人に到達した時期も。緑が美しく空気がきれいな長野県安曇野地域を代表する施設であり、その存在の地域への波及効果は小さくなかったようです。

「この施設の清潔感が好きです。ガラスのチューリップガーデンが当館を彩ります。食事もおいしいし、体験コーナーもあるので子供たちが生き生きしていたことが思い出されます。こんな時代です。きっと運営者の方々は大変であったのではないでしょうか。もっと足を運べばよかったです。まだ少し時間があるようなので最後に一度思い出を作りに訪れたいを思います。」長野県内在住の子連れのお母さんの言葉です。

(2020年11月執筆)

 

わくわくして入館した思い出をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

長きに渡り地域の灯でした。本当にありがとうございます。

 

PHOTO:PIXTA

 

当館の一角にはフランスの芸術家「エミール・ガレ」の作品が展示されております。

永久保存版としてお手元に確保されてはいかがでしょうか?

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事