Final 2021年3月12日 記事石北本線 将軍山駅 廃駅のイメージ画像 History 61年

石北本線 将軍山駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

JR北海道石北本線の将軍山駅(北海道上川郡当麻町北星2区)が廃駅となります。2021年春のダイヤ改正をもって当駅は廃止されます。

1960年、日本国有鉄道石北線の将軍山仮乗降場が設置されます。ここが当駅の歴史の始まりです。そのあと、石北本線への改称、国鉄分割民営化などの歴史を繋ぎます。1面1線の単式ホームのシンプルな地上駅。近くにコンクリートブロック製の堅牢な待合所を擁する無人駅でもあり、その管理は旭川駅です。

勇壮な駅名から全国にファンがおりますが、当駅の近くにある将軍山がそのまま駅名になっております。明治時代に永山武四郎陸軍少将が当地に赴き、入植地を決心したという逸話がこの名前の由来とする説もあります。

「私は歴史ファンです。当地にある将軍山の名前の由来を調査すると明治時代の北海道開拓に関係する史実に当たりました。当地に足を運びたくなり、何回か山に登っております。若き日の山登の思い出の駅なのです。とても寂しいですがいままでお疲れ様でしたとお伝えしたいです。」関東在住の歴史ファンの言葉です。

(2020年12月執筆)

 

当たり前であった光景にも終わりが近づいております。

 

このホームからどれくらいの物語がうまれたのでしょうか。

 

長きに渡りありがとうございました。

PHOTO:PIXTA

 

VIDEO : Rail工房天都 様

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事