標津線 上武佐駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

標津線上武佐駅(北海道標津郡中標津町字武佐)は、1937年10月30日に国有鉄道の駅として開業しました。

同駅は、かつて島状の単式1面1線のホームを有していた駅。駅舎とホームの間に貨物積降線が引き入れられていたものの、貨物・荷物の取り扱いが廃止されてからは撤去されています。また、近隣に温泉があったことから、地元の人が温泉を利用するために使われていたともいわれています。

しかし上武佐駅は1989年4月30日に標津線の廃止に伴い廃駅となり、52年の歴史に幕を下ろしました。中標津町を舞台とした映画にも登場したことがあるこの駅に思い出のある方も多いのではないでしょうか。折を見て駅のあった場所に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2021年1月執筆)

山田洋次監督、高倉健主演の名作「遥かなる山の呼び声」。 当駅がロケ地になっております。

永久保存版としてお手元に確保されてはいかがでしょうか?

 

VIDEO : YouTube ムービー 様

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す