Final 2029年秋頃か 記事函館本線 熱郛駅 鉄道駅として廃駅のイメージ画像 History 126年

函館本線 熱郛駅 鉄道駅として廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

JR北海道函館本線の熱郛駅(北海道寿都郡黒松内町字白井川)が鉄道駅としての歴史の幕を下ろします。北海道新幹線の札幌延伸(2030年度予定)に伴い、JR北海道から経営分離される函館線は並行在来線としてその処遇が協議されてきました。そして7つの関係自治体がバス転換を受け入れたとの正式発表がありました。この決定により函館本線の部分廃線(長万部駅~余市駅)が確定しました。この区間に存在する黒松内駅は鉄道駅としての歴史の幕を下ろすことになります。まだ未確定ではありますが、廃駅は2029年秋頃が目途になりそうです。

熱郛駅は、1903年に北海道鉄道の一般駅として開業しました。ここが当駅の鉄道駅としての起源となります。開業後は地域の交通の要所として、歌棄駅への改称(後に熱郛駅に再改称)・国有鉄道への移管・函館本線への所属・簡易委託方式での無人化・国鉄分割民営化・駅舎改築・完全無人化などの歴史を繋ぎます。以来長きに渡り地域の大切な駅として活躍してきました。

アイヌ語の「クンネ・ネッ・ペッ」という言葉が「熱郛」の名称の由来となっているそうです。かつて存在した熱郛村の玄関としての役割を担って開業。相対式ホーム2面2線を有し三角形状の駅舎が特徴的です。以前は人員が配置される有人駅でしたが1992年に簡易委託が廃止され完全無人駅となりました。現在は長万部駅が管理しています。

「熱郛駅はそもそも駅名が読めない難読駅であります。またかなりの山奥にあるのでとても静かで人が少ないです。秘境駅ファンの心を揺さぶる駅なんですよ。そして駅舎から真っ直ぐ線路に降りて反対ホームの往来をするという造りが昭和レトロファンの私に響きます。まだ廃駅まで時間がありそうなので当地を訪れる機会を増やしたいと思います。」東北地方在住の秘境駅ファンの言葉です。想いをお持ちの方は一度現地に足を運ばれてはいかがでしょうか。ちょっと人を寄せ付けがたい雰囲気のある熱郛駅があなたを迎えてくれるはずです。

(2022年2月執筆)

 

熱郛駅

特徴的な形状の駅舎です。

 

熱郛駅

この駅名標に残された時間は少なくなってきました。

 

熱郛駅

地域の人々の大切な思い出を詰め込んで、その歴史のファイナルラップを刻み始めました。

PHOTO:PIXTA

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す