記事札沼線 晩生内駅 廃駅のイメージ画像

札沼線 晩生内駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

北海道樺戸郡浦臼町にある晩生内駅(北海道樺戸郡浦臼町字晩生内)が廃駅になる予定です。

同駅は1935年、札沼線の駅として開業しました。かつて同駅では、貨物や荷物の取扱いをしていましたが、取扱い廃止後は無人駅になり利用者も減少していきました。同駅は単式ホーム1面1線となっており、開業当初からの木造駅舎が残っています。周辺には民家、郵便局、警察署などがありますが、同駅の利用者は最近5年間の平日で平均3.2人となっているようです。駅名の「おそきない」はアイヌ語に由来するとされていますが、鉄道ファンの中でも難読駅名として挙げられる駅です。

JR北海道札沼線の北海道医療大学駅から新十津川駅までの区間は、利用者の減少に伴い、残念ながら廃止されることが決まりました。レトロな駅舎を残す札沼線の各駅を見納めておきたいですね。

(2018年11月執筆)

 

追記:JR札沼線(医療大学~新十津川間)の廃止日は2020年5月7日に正式決定しました。

 

冬の駅舎です。

 

柱にかかる駅看板も見納めでしょうか。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:PIXTA

 

VIDEO: 北海道ファンマガジン 様

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す