記事京阪本線 八幡市駅 改称のイメージ画像

京阪本線 八幡市駅 改称

  • 乗り物
  • 建物・施設

大阪市の淀屋橋駅から、京都市の三条駅までを結ぶ鉄道路線・京阪本線。40もの駅がある路線ですが、そのうちのひとつ・八幡市駅(京都府八幡市八幡科手1番地)が2019年10月1日から石清水八幡宮駅に改称される予定となっています。

八幡市駅が開業したのは1910年4月15日であり、非常に歴史がある駅。もともと京阪線の開通とともに設置されたのがその歴史の始まりで、当時は相対式ホーム2面のみの駅でしたが、その後副本線が設置されています。

特に正月に賑わいを見せる岩清水八幡宮の最寄駅となっており、改称後はよりわかりやすくなるという声がある一方、100年以上使われてきた名称がなくなることに寂しさを感じる、という人もいます。今後駅名が改称されても、ぜひ「八幡市駅」という駅名があったことをぜひ思い出してみてください。

(2018年8月執筆)

 

慣れ親しんだ駅名とも永遠のお別れになりそうです。

 

PHOTO:PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す