Final 2017年8月31日 記事石原裕次郎記念館 閉館のイメージ画像 History 26年

石原裕次郎記念館 閉館

  • 娯楽施設
  • 商業施設
  • 建物・施設

2017年8月末をもって、1991年にオープンした石原裕次郎記念館(北海道小樽市築港5-10)が閉館となりました。

石原裕次郎記念館は、昭和の大スター石原裕次郎さんが幼少期の6年間を過ごした小樽市に建てられた大きな2階建ての記念館。館内にはドラマ「西部警察」で使用された車や趣味であったヨット、実際に着用していた私服などが展示されていました。開館当初から根強い裕次郎ファンが全国各地から訪れ、2016年までに約1,800万人の来場者を誇っていたそうです。近年はファンの高齢化もあり入場者は減っていたものの、若い世代でも男のロマンを感じる場所とあって人気を博していました。

26年間に渡り多くの人達に感動を与えてきた同館。現在は解体されてしまいましたが、大スターの功績は今後も世代を超えて受け継がれるでしょう。同館に思い出のある方は、この場所にもう一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2020年4月執筆)

 

長きに渡り本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:takahumikawasaki

 

皆様ご存知の石原裕次郎氏。この機に出演映画を楽しんでみてはいかがでしょうか。大ヒットした名作「黒部の太陽」などいかがでしょうか。

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事