Final 2020年12月28日 記事宮古島市役所 平良市庁舎 閉庁のイメージ画像 History 27年

宮古島市役所 平良市庁舎 閉庁

  • 建物・施設
  • その他

宮古島市役所 平良市庁舎(沖縄県宮古島市平良西里 186)が閉庁しました。現在の庁舎は、1991年に完成し、地上7階/地下1階の構造、延べ床面積は8119平方メートルの堅牢な建物です。2005年9月まで当時の平良市の行財政運営拠点として機能。同年10月の市町村合併後は市役所平良庁舎に改称され、以降市民の行政サービスを提供してきました。

「この建物には沢山の思い出があります。結婚や出産など人生の節目でお世話になった施設ですから。お別れかと思うととても寂しいです。いままでありがとうとお伝えしたいです。」宮古島在住の40歳代の女性の言葉です。

なお市役所機能は2021年1月からは新庁舎に機能移転します。27年以上の間、多くの人々が足を運んできた平良市庁舎。強烈な台風にも耐えうる堅牢な旧庁舎。まだその堂々たる姿をみることが可能です。ゆかりのある方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2020年12月執筆)

 

長きに渡りお疲れ様でした。

PHOTO:PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事