Final 2016年12月4日 記事留萌線 朱文別駅 廃駅のイメージ画像 History 53年

留萌線 朱文別駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

 1963年に開業したJR北海道留萌線朱文別駅(北海道増毛郡増毛町朱文別)。留萌―増毛間の路線廃止のため2016年12月5日に53年の歴史を終えました。同じく廃止になった箸別駅同様、国鉄時代は仮乗降場として営業していました。同時に廃業した箸別駅、阿分駅と待合室・ホームの形状が共通しています。待合室内には訪問者が自由に書き込める駅ノートがあり、ファン同士のコミュニケーションツールとして親しまれています。郷愁を誘う板張りのホーム、豊かな自然と日本海を間近に望むこの無人駅は、小さいながらもファンから愛されてやまない場所でした。

残念ながら現在はホーム、待合室、踏切すべて撤去され、朱文別駅の面影はほぼ感じらなくなってしまいました。

(2018年8月執筆)

 

シンプルな板張りのプラットフォームです。

 

プラットフォームからのショットです。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

PHOTO:PIXTA

 

VIDEO : 『無慈悲な真実の風景』 様

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す