洞泉寺町 元遊郭の伝統的木造建築 解体/取壊

  • 建物・施設

2016年12月、大和郡山市洞泉寺町にある元遊郭の歴史的建造物が解体される予定だということが明らかになりました。約400年の歴史の閉幕となります。

同町は、郡山城の城下町であり、江戸時代初期頃から花街として賑わいました。1958年に廃業した建物は、近年まで民家や貸座敷、下宿場として利用されていました。路面に沿うように施された細い縦格子と重厚感がある旧遊郭は、歴史的な街並みを創りだし、訪れる人を魅了しています。

1999年に保存目的で市が購入した旧川本邸は、2018年1月から「町屋物語館」となって一般公開されています。一方で現在空き家となり放置できない状態の建物は、土地建物関係者の許可を得て、建築家や専門家が実測調査を実施。寸法や平面図などを記録することで、歴史文化と景観の保存に繋げています。

(2018年6月執筆)

VIDEO : 路地裏にひとり 様

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す