Final 2018年3月31日 記事三江線 船佐駅 廃駅のイメージ画像 History 63年

三江線 船佐駅 廃駅

  • 乗り物
  • 建物・施設

1955年3月31日に開業した国鉄三江南線の船佐駅(広島県安芸高田市高宮町船木下場3333)が、2018年4月1日に、JR西日本の三江線の廃線にともない閉鎖となりました。

同駅は1面1線の無人駅で、駅前の広場に駅舎がありましたが、ホームには待合室もなく、ホームには駅名の看板だけが立っている駅でした。広島県の三次駅から島根県の江津まで100kmを超える距離を、江の川に沿うように線路がひかれていた三江線は、自動車の普及で利用客が年々減っていました。天災に見舞われることもあり、その度に一部通行止めが生じていたこともあって廃線が決定。それに伴い船佐駅などの多くの駅が閉鎖されました。63年の歴史に幕を下ろした船佐駅を思い出しに、もう一度この地を訪れてみませんか。

(2019年2月執筆)

 

もの置き場でしょうか。不思議な雰囲気があります。

 

長い間本当にお疲れ様でした。

PHOTO:PIXTA

 

VIDEO : 駅と鉄道リポート たまにレトロPC 様

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す