長崎市電 諏訪神社前停留場 名称変更

  • 乗り物
  • 建物・施設

長崎市電の諏訪神社前停留場(長崎県長崎市出来大工町4番地先)は、長崎くんちで人が多く集まる諏訪神社から最も近い停留場。元々は1920年に馬町停留場という名前で開業しましたが、幾度かの移設と改称を経て1936年に「諏訪神社前停留場」となった、という歴史があります。さらにその後、2018年8月1日には、停留場の最寄り施設を明確にするという理由から、「前」を外して「諏訪神社停留場」に改称されました。

以前からの名称とあまり変わらないものの、やはり82年使い続けられてきた名称変更に慣れるまでには、地元の人たちにとっては少し時間がかかりそうです。幾度かの名称変更が行われてきたということを忘れずに、折々にかつての名称を思い出しておきたいものです。

(2019年2月執筆)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す