Final 2020年9月13日 記事横浜文化体育館 閉館/取壊のイメージ画像 History 59年

横浜文化体育館 閉館/取壊

  • 建物・施設

1962年に横浜港開港100年を記念して開設された横浜文化体育館(神奈川県横浜市中区不老町2-7)が、2020年9月6日で閉館し、59年の歴史に幕を下ろします。開館から半世紀以上が経過し、建物の老朽化が目立つようになりました。2020年には横浜武道館、2024年にはメインアリーナが新築される予定で、そちらに機能が移行します。

1964年の東京オリンピックではバスケットボール競技場となり、日本国内の全国大会だけでなく、世界大会なども開催されました。スポーツ以外にも、有名アーティストによるコンサート会場となることも多く、横浜市民以外でも行ったことのある人は多いでしょう。

これから閉館までの1年の間にも、さまざまなイベントが予定されています。閉館になる前に、昭和の雰囲気を残した横浜文化体育館を見に行ってみてはいかがでしょうか。

(2019年9月執筆)

 

よき思い出がよみがえる景色だと感じられる方も多いのではないでしょうか。

 

伝統を感じさせる建物でした。

 

長い間お疲れ様でした。そして沢山の思い出を与えてくれて本当にありがとうございます。

 

PHOTO:ニングル

 

追記・・2020年の9月13日に「お別れ施設見学会」を開催されるようです。(2020年8月)

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事