Final 2021年7月 記事沖縄市銀天街アーケード 解体/撤去のイメージ画像 History 42年

沖縄市銀天街アーケード 解体/撤去

  • 商業施設
  • その他

沖縄市照屋には銀天街(沖縄県沖縄市照屋1丁目)と呼ばれる商店街があります。この商店街は、戦後にできた「十字路市場」と「本町通り」の2つが合併し、1978年に「沖縄市銀天街」となったもので、かつては近隣の市町村からも多くの人が足を運び、大きな賑わいを見せる場所でした。

銀天街にはシンボルともいえるアーケードが設置されていましたが、時間の経過とともに老朽化が進んでいることが問題となっていました。市民から撤去を求める声も上がっていたことから、2020年7月から撤去作業が開始され、42年の歴史に幕を下ろしました。

撤去作業は2021年1月には完了する予定となっており、撤去後はこれまでの銀天街とは異なる表情を見せることでしょう。銀天街に足を運んだことがある、という方はぜひこの機会に在りし日のアーケードを思い返してみてはいかがでしょうか。

(2020年6月執筆)

 

当たり前であった景色に終わりが近づいております。

 

長年にわたり来訪者の傘となり続けてくれました。

 

長きに渡り本当にお疲れ様でした。

PHOTO:KENT

 

松山ケンイチ氏が主演を務める映画「天の茶助」。ファンタジーヒューマンドラマとして評価の高い映画です。沖縄市もロケハンの場所として選ばれており、アーケード撤去前の銀天街も登場します。永久保存版としてお手元に確保しておいてはいかがでしょうか。

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事