Final 2013年 記事東横線地上高架区間 解体/取壊のイメージ画像 History 49年

東横線地上高架区間 解体/取壊

  • 乗り物
  • 建物・施設

東横線地上高架区間は長年の役割を終えて解体撤去されました。東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転開始に伴い、東横線の渋谷~代官山間は地下化されました。この新しい地下鉄の誕生により東横線地上高架区間は役割をゆずる形でその歴史を終えました。

東横線の渋谷駅からしばらく続いていた高架区間。都心を貫く地上の高架線路は特徴的な景色を生み出し、長年に渡り地域住民の生活によりそう存在でもありました。東横線の終着渋谷駅から出発した電車からはしばらく沿線を展望できる景色が続きます。この景色を楽しめたのもこの地上高架区間が存在してくれたおかげと言えそうです。都心でありながらも高架線路の沿線には不思議と生活感のある光景がのこされていたことも記憶されます。線路際での農園や落書きが描かれた高架を支える壁も思い出される光景です。当時は当たり前であったことなのかもしれませんが、地上線の山手線上を東横線がクロスする構造も実に特徴的でした。

多くの人々に沢山の思い出を残してくれた東横線地上高架区間。長年に渡りお疲れ様でした。

(2020年7月執筆)

 

渋谷川沿いに設置された路線でした。

 

生活感あふれる光景がみられたことも特徴的です。

 

山手線とのクロス構造です。

PHOTO:t2kaori

 

お写真を提供いただいた「t2kaori」様よりメッセージを預かっております。次のページへどうぞ。

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事