Final 2021年6月30日 記事JR九州 キハ66・67形 全車引退のイメージ画像 History 46年

JR九州 キハ66・67形 全車引退

  • 乗り物

2021年6月30日、JR九州 が管理するディーゼル車両「キハ66・67形」の全車両が引退します。旧国鉄時代から起算して46年の堂々たる歴史の閉幕となります。

九州の地に「キハ66・67形」が登場したのは1975年。山陽新幹線博多駅乗り入れに歩調を合わせてのデビューでした。北九州・福岡地区の筑豊本線等で運行した後、2001年からは長崎本線・大村線・佐世保線の「シーサイドライナー」の愛称で人気を博した車両。美しい海岸線や山々を走る姿は当地の景色の大切な一部となっていました。

「ついに全車両が引退ですか。どんどん台数が減っており、時間の問題かとおもっておりましたが、こうして正式に発表されると本当に寂しいです。長きに渡りお疲れ様でした。運営されている関係者の皆様にも心より感謝申し上げます。」福岡県在住の鉄道ファンの言葉です。

(2021年5月執筆)

 

この有名な光景とも永遠のお別れです。

 

人々の多くの思い出を運んでくれた車両です。

 

地域の大切な景色そのものでした。長きに渡りありがとうございました。

PHOTO:PIXTA

 

VIDEO : IMOEI 様

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す