新潟市小針野球場 解体/取壊

  • 娯楽施設
  • 建物・施設

新潟市小針野球場(新潟県新潟市西区小針1-5-1)がその歴史の幕を下ろしたのは2021年3月31日のこと。

同球場の竣工は1970年。両翼90m、収容人数4550人、グランド面積が11,752平方メートル。緑の芝生と土のグランドが美しい野球場でした。プロ野球の開催実績はなく、少年野球・還暦野球・早起き野球など野球愛好家に愛された地域密着の野球場でした。

ただ近年は駐車場の不足、周辺民家への打球の飛び込み、応援の騒音問題など、種々の問題も生じておりました。また施設・設備の老朽化の問題は特に近年顕在化してきており、ついに2021年の3月にその歴史の幕を下ろします。

「なぜか懐かしさを感じるような、とても味のある野球場でした。小さい頃にここでプレーした思い出は宝物です。地域の野球愛好家の汗が染みこんだ大切な野球場でしたよ。取壊しはとても寂しい。沢山の思い出をありがとう。」かつて野球少年であった男性の言葉です。

(2021年6月執筆)

 

VIDEO : FinalAccess ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す