Final 2021年4月30日 記事大館市役所庁舎 解体/取壊のイメージ画像 History 58年

大館市役所庁舎 解体/取壊

  • 建物・施設
  • その他

大館市役所庁舎ビル(秋田県大館市中城20)がその役割を終えます。長年の年数経過による劣化や耐震性問題等を理由とするようです。

1953年に周辺の官庁街一帯が焼失してしまった焼失風呂屋町大火。この大火事を受けて翌年に建築された鉄筋コンクリート製の3階建ての建物。これが大館市役所庁舎ビルです。

建設以来長きに渡り市民に行政サービスを提供してきた建物ですが、特筆すべきは正面玄関のらせん階段とドーム。歴史的な価値があるとされています。らせん階段は正面玄関を進んだその先にあり1階から3階の上の踊り場までを連結します。らせん階段と約12メートルのドーム構造の天井までの開放的な空間は高い格式を感じさせ、市民の誇りともいえるものであったそうです。

残念ながらこの格式あるらせん階段とドーム天井も含めて解体されるようです。大館市民に多くの思い出を与えてくれた大館市役所庁舎ビル。きっと市民の心の中に永遠に記憶されることでしょう。

(2021年6月執筆)

 

大館市役所

大館市民の多くの方の思い出がつまった建物です。

 

大館市役所

長きに渡りお疲れ様でした。

PHOTO:PIXTA

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す