東芝 深谷事業所 閉鎖/取壊

  • 商業施設
  • 建物・施設

東芝深谷事業所(埼玉県深谷市幡羅町一丁目9番2号)が2021年9月30日をもって閉鎖され工場建屋は解体されます。

東芝深谷事業所の操業開始は1965年。日本初のカラーテレビ専門工場としてその歩みをはじめました。その後、1965年にブラウン管工場が操業を開始。以降東芝グループの映像・電子デバイス事業の中核生産拠点として活躍してきました。

「私は深谷市民です。この工場は地域住民にとって大切な存在でした。カラーテレビの登場は高度経済成長期の日本全体をワクワクさせてくれましたし、その生産がこの地で行われていることは市民にとっても誇りでありました。閉鎖のニュースは本当に寂しいです。いままでありがとう。そしてお疲れ様でした。」工場近隣在住の男性の声です。

半世紀に渡り当地に根をはってきた工場の閉鎖はとても寂しいニュースとして受け止められています。日本経済産業史に輝くその功績は色あせることはなく、人々の間で美しい歴史として受け継がれてゆくことでしょう。

(2021年9月執筆)

 

VIDEO : Final Access ファイナルアクセス

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す