山形銀行本店ビル 取壊/建替

  • 商業施設
  • 建物・施設

山形銀行本店ビル(山形県山形市七日町3-1-2)が長年の役割を終えて解体されます。

山形市七日町の利便性の高い場所にどっしりと構える建物。その重厚な佇まいには安定感があり、地域の大切な景色の一部として長きに渡り地域住民に親しまれてきた建物です。1971年の建設で半世紀に渡り地域の代表的な建物として活躍してきましたが、近年は老朽化の問題が指摘されておりました。そして正式に建物の取り壊しが確定し、2021年10月15日をもって当ビルにおける営業が終了しました。

「このビルは地域の象徴みたいな建物なのです。我が家でも代々利用させてもらった建物で、節目でこのビルに足をはこびました。思い出が一緒に消えてしまうみたいで寂しいですが、いままでありがとうとお伝えしたいです。」山形市在住の女性の声です。

(2020年10月執筆)

 

VIDEO : Final Access ファイナルアクセス

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す