Final 2021年3月11日 記事名古屋競馬場 取壊/移転のイメージ画像 History 73年

名古屋競馬場 取壊/移転

  • 娯楽施設
  • 建物・施設

2022年末、名古屋競馬場(愛知県名古屋市港区泰明町1-1)が閉場します。同年3月11日に閉場式典が行われ73年間の歴史の幕が下ろされます。

名古屋競馬場の竣工は1949年5月のこと。その翌月の6月に第1回県営名古屋競馬が開催されました。そして2022年までの73年間に渡り当地の娯楽施設としての歴史を繋いできました。土古競馬場の愛称で親しまれ、長きに渡り当地の競馬ファンが集う場所として活躍してきた競馬場です。

「私は根っからの競馬ファンというわけではないのですが、昭和の雰囲気が漂うこの競馬場にはよく足を運びました。ささやかな金額の馬券を購入し、特別観覧席でビールと串カツを楽しみながらレースを観戦するというその時間が好きだったのです。施設や設備の老朽化は進んでいましたが、逆に歴史の重みを感じ取れる気がして私は大好きでした。いよいよ最後ですね。運営に携わっていらした関係者の皆様、いままでありがとうございます。大切な思い出を沢山いただきましたよ。」名古屋市市在住の男性の声です。

当地の競馬場としての役割は弥富トレーニングセンターへ移転し、その歴史は引き継がれる予定となっているそうです。ご興味をお持ちの方は一度現地に足を運んでみてはいかがでしょうか。

(2022年2月執筆)

 

名古屋競馬場

多くの人々の思い出がつまったスタンドです。

 

名古屋競馬場

あたりまえであった光景に終わりが近づいています。

 

名古屋競馬場

長きに渡り多くの人の人生を彩ってきてくれた施設です。各地から感謝の声が聞こえてきます。

PHOTO:PIXTA

 

VIDEO : Final Access ファイナルアクセス

 

競馬で大儲けした寅さんの姿。在りし日の名古屋競馬場で確認できます。

永久保存版としてお手元に確保されてはいかがでしょうか?

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す