記事大阪市営バス 運行終了のイメージ画像

大阪市営バス 運行終了

  • 乗り物

大阪市が経営していた「大阪市営バス」は民営化に伴い2018年3月末で運行を終了し、すべてのバス事業を大阪シティバスに譲渡しました。同市は1927年2月に阿倍野橋~平野間でバス営業を開始しました。当時のバスの色から「銀バス」と呼ばれ、民営の「青バス」とサービス合戦を繰り広げていたそうです。同市は大阪市全域を運行エリアとし、鉄道のない地域では通勤者や通学する学生、年配層の良き交通手段でした。また隣接する市にも乗り入れを行うことでバスでの遠出とスムーズで利便性の高い移動を実現させました。また、旅行者にとっても大阪駅から天保山へ乗り換えなく行けるなど、かなり有難い交通網でした。更には車窓から眺める景色も観光のひとつとして好評でした。周辺住民の足として生活を支えた90年。長い間本当にお疲れ様でした。(2018年6月執筆)

 

PHOTO:PIXTA

 

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

ファイナルアクセス会社サイトはこちら

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す