記事富山地方鉄道14722号+172号 運行終了のイメージ画像

富山地方鉄道14722号+172号 運行終了

  • 乗り物

富山地方鉄道の14720形「14722号」とクハ170形「172号」の2両が、2019年12月に引退し、57年の歴史に幕を下ろすことになりました。1962年に日本車両で製造された車両で、製造当初は3両編成でしたが7年後に2両編成に。白地の車体に窓周りはグレー、赤い帯が入ったレトロな車両は長く愛され、富山地方鉄道の顔として活躍してきました。

富山市を起点として沿線には立山・黒部アルペンルートや宇奈月温泉・黒部峡谷といった観光地を擁しており、壮大な景色の中を走行します。2011年の映画「RAILWAIS」では同車両が使用され多くの駅で撮影されたため、現在も映画のロケ地として観光客が訪れています。

残念ながら、代替車両の導入により12月に引退を迎えることになり、12月21日にラストランイベントが開催されました。イベントでは、鉄道全線の走破、記念撮影、オークションなども行われ、地元住民や鉄道ファンが別れを惜しんだということです。

(2019年12月執筆)

 

長きに渡り地域の景色を彩ってくれた車両です。本当にお疲れ様でした。

 

PHOTO:PIXTA

 

 

地図はこちら

同じ都道府県の記事

同じカテゴリーの記事

閉校する教育機関の関係者の皆様へ

残り日数で探す

記事ランキング※24時間以内

カテゴリーから探す

注目コンテンツ これが最後です

都道府県から探す